第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず)」

立夏末候
第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず)」
新暦2022年5月16日~5月20日
たけのこが生えてくる


<旬のメッセージ>
この期間に最も強いエネルギーを持つ旬のものは、
開運活動に欠かせないアイテムとなります。

【植物】
筍(たけのこ):成長が極めて早く美味。
「雨後の筍」は続々と生えてくることから生まれた諺。
(花言葉は、節度・節操)

雛罌粟(ひなげし):

別名「虞美人草(ぐびじんそう)」
(花言葉は、慰め・労り・別れの悲しみ)

【魚】
浅利(あさり)

【行事など】
葵祭:京都の下鴨神社で行われます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人